食べるために生け捕り|生活圏に現れる害獣|ネズミ駆除で確実に始末してもらおう

生活圏に現れる害獣|ネズミ駆除で確実に始末してもらおう

レディ

食べるために生け捕り

ハチ

しっかりと準備

家の周辺にキイロスズメバチのような危険な蜂が巣を作ってしまった場合、生活に影響が出るような場所である場合は、退治する必要があります。9月から10月頃になると、蜂は凶暴さを増すことが知られており、巣に近づくことは危険になります。市販の蜂の殺虫剤を遠距離からかけることは、一時的に退治できますが、巣自体を退治するには、至近距離から巣穴を狙う必要があります。結局、巣に近づかなければ、根本解決は難しいことから、本気で退治に乗り出す場合は、それなりの準備をしてから臨む必要があります。蜂退治を擦るときの基本的な服装は、防護服を利用することで、視界が確保できる宇宙服のような服を着用し、手には厚手の手袋を身に付けることが基本です。

生きたまま捕獲

同じ危険を犯して蜂退治をするのであれば、単に薬剤で殺してしまうよりも、その後、とった蜂を利用することのできる生け捕りという方法があります。昔から、中部地方を中心に日本でもハチの子を食べる習慣があり、これは今でも一部で続けられています。ハチの巣には、成長中の幼虫から蛹がたくさん入っており、これを生きたまま、あるいは調理して食べることができるのです。生け捕りをするためには、蜂に薬剤をかけることができないため、物理的に排除していくしか方法はありません。蜂は女王蜂がいなくなれば、巣としての機能を失うため、とにかく巣ごと取り去って、違う場所に隔離すれば、それ以上攻撃してくることはなく、捕獲が完了します。